入院

地域包括ケア病床

2017年4月より在宅復帰支援を強化した「地域包括ケア病床」を13床準備し、急性期を脱した回復期の患者様等を中心に、

他職種(医師、看護師、理学療法士、社会福祉士など)共同によるチーム医療を行っております。

療養病棟

医療療養病床となっており、病床数47床 施設基準1 入院基本料20:1の認可を受けています。
継続的な医療的管理が必要な方、人工呼吸器・気管切開・酸素管理・特定疾患など医療度の高い(医療区分2・3)患者様の受け入れを主に行っています。
在宅復帰を目標に他職種と連携しながらリハビリを行い、身体機能の維持向上を目指しています。

なお、この病棟は在宅復帰機能強化加算を九州厚生局に届出で受理してあります。

IMG_2479.JPG 

施設写真


  • 【多床室】

  • 【個室】

  • 【浴室】